お土産レビュー

【レビュー】なんと香ばしく美味しいのだろう。幸せ感じる至極の「銘菓くるみ」。

「銘菓くるみ」のあれこれ

銘菓くるみの見た目

小ぶりで可愛らしい

さらっと概要

 

昭和21年創業の"清香室町"が作る”銘菓くるみ”。

香るモナカ、甘さ控えめの自家製餡、大粒クルミの三重構造が幸せを運びます。

若者からご年配の方まで多くの方に支持されている逸品です。

 

知名度や受賞歴の有無

 

第22回全国菓子大博覧会で"名誉総裁賞"を受賞しています。

物産展とかで時たま見かけますよね?名誉総裁賞を受賞したお菓子。

なんだか確固たる地位というか威厳を感じますね。

ちなみに「全国菓子大博覧会」について軽く補足しますと、1911年から4年に1度開催されているお菓子業界の一大イベントであります。

 

内容量と値段

 

6個入り    529円
9個入り    778円
10個入り   864円
15個入り  1296円
20個入り  1728円
30個入り  2808円
36個入り  3240円

シチュエーションに応じて個数調整しやすいのは、魅力的。

 

「銘菓くるみ」の評判

銘菓くるみのサイズ感

少しだけ甘いものが食べたい時に最適なサイズ

評判はこんな感じ

 

【Amazon】

購入者レビュー計2件(平均☆3.5)

☆☆☆☆☆  0件
☆☆☆☆   1件
☆☆☆    1件
☆☆     0件
☆      0件

予想以上にレビューが少なすぎて、あまり参考になりませんねw

 

絶賛する声

 

「ひと口サイズでちょうどいい大きさだと私は感じました。甘すぎない餡とくるみの香ばしさが広がってとても美味しい。」

「ご飯の後のちょっと甘いものが食べたい時にぴったりです。」

 

個人的にも食後に少し甘いモノを摂取したいという欲求にかられた時に、理想的なサイズ感と甘さ加減。そして香るモナカ達。

一度食べたら忘れられません。

 

微妙な声

 

「くるみが小さくて食べた気がしない。」

 

ゴリゴリの立派なクルミをイメージしすぎると、物足りなく感じる可能性があります。

ただ、銘菓くるみの特徴的なサイズ感は、"モナカ・こし餡・くるみの黄金比"で成り立っています。

くるみが主張しすぎない絶妙なサイズ感だからこそ、モナカとこし餡の風味も楽しめる。

まさに三位一体。

 

 

「銘菓くるみ」のまとめ

銘菓くるみの断面図

中身はバッチリ詰まってます


 

「銘菓くるみ」の長所

コンパクトだけど3段階の感動

 

サクッとした絶妙な厚みの"モナカ"。
ひとたび噛めばモナカの上品な香ばしい香りが広がります。

噛み進めるとシトッとした"こし餡"が、ほのかな甘みを上乗せされます。

そして中心で待ち構える"くるみ"をコリッと砕くたび、鼻を通り抜ける優しいくるみの香りに魅了されKO。

「あぁ。幸せ。」と独り言のように、つい言ってしまう逸品。

 

運ぶ時も食べる時も軽い

 

沢山持ち歩かなければいけない時、軽くて負担が少ないのは嬉しいポイント。

また、「ちょっとだけ甘いものが食べたい」という願いを叶えてくれるのが"銘菓くるみ"。

複数の願いを叶えてくれる、理想的なサイズ感です。

 

「銘菓くるみ」の短所

物足りなさを感じるかも

 

"絵に描いたような一口サイズ"なので、食べ応え重視の人にとっては物足りないでしょう。

一方で、どちらかと言うと"量より質派"の人で、かつ和菓子好きであれば間違いなく、喜ばれる逸品です。

 

苦手な人がいるかもしれない

 

香るモナカ、甘さ控えめの自家製餡、大粒クルミの理想的な三重構造。

けれど、モナカやこし餡が苦手な人って意外と多かったりします。

相手に配ったり贈る際は、事前に好き嫌いやアレルギーについて把握しておくことが大切です。

-お土産レビュー

Copyright© ハナマログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.