Apple製品 MacBook Pro 2019

MacBook Pro 2019 13インチの使用感などを本音で語る

ついに初投稿することができました。感無量です。

ここまでの道のりが長すぎて、軽く燃え尽きて灰になりかけてますが、この勢いで記事を書いちゃいます。

終盤で灰になるかもしれませんが、その時は掻き集めてください。お願いします。

 

余談も程々に、緑茶を飲みながら本題へ。

初投稿の内容は、何をチョイスすべきか練り練ってましたが、練りすぎた結果、もうよくわからなくなったので、今触っている最近買ったばかりのMacBooK Pro 2019 13インチについて、書くことに決めました。アハハ

 

こちらの記事は、MacBookの初購入を検討中の人に、箸休め程度に読んでもらいたい内容となっています。

居酒屋で例えるならの枝豆をつまむような感覚でつまみ読んでください。

目次

  1. MacBook Pro 2019 13インチを購入した経緯
  2. MacBookのおすすめの購入先
  3. そもそもApple StoreでAppleデバイスを買うメリットってあるの?
  4. MacBook Proの梱包具合
  5. 噂の薄さはいかほどか
  6. Mac素人が本音で語る使用感
  7. まとめ

MacBook Pro 2019 13インチを購入した経緯

 

3月、葛藤の日々が幕を開けました。

というのもブログ執筆、動画編集、イラスト等に取り組むにあたって、iPad ProもしくはMacBook Proのどちらかを購入するべく、両者について徹底的に調べあげて悩みました。

結果として、私はiPad Proを選んだわけですね、はい。

 

「え、え、MacBookは?」
「買ってないの?」
「Where is MacBook?」って感じですよね。

イラストもできるという理由でiPad Proを購入したのですが、

なんということでしょう。そんな事があってよいのでしょうか。神よ。

iPad Proが到着した翌日、愛用していたノートPCがお釈迦になったわけですね、はい。Oh my God。

早々にAppleの洗礼、いや、スティーブの洗礼をモロに受けました。
大打撃。これまさしくクリティカルヒット。

 

そんなこんなで、MacBookも買うという、最も散財するエンディングを迎えたわけでして、もうこれ、収益出して元取らないといけない背水の陣ですよ。

もう、1歩も引くことはできません。スティーブに水辺まで追い詰められました。すでに片足水に浸かってますよ。

しかし、私はめげない負けない、へこたれない。打倒スティーブの精神で立ち向かいますからね。フハハハハッ

(話が逸れて収拾がつかなくなったので、知らん顔で次の見出しに行きますね、アハハ)

MacBooKのおすすめの購入先

結論から言うと、私はMacBook ProをAmazonで購入しました。

 

それはなぜか。期間限定だったのかもしれませんが、ポイントが約8500ポイントもらえたからです。

ええ、ポイントに弱いのです。クレジットカード払いなら、さらに各種クレジットカードのポイントが付与され、普通にApple Storeで購入するより約1万円分お得という感じですね。

Apple Storeにはポイントシステムが存在しないので、お高くつきます

仲介業者を挟まないという安心感と引き換えに値段が張る感じですかね。

その浮いたポイントで操作マニュアル等を買ったほうがベストなのかベターなのか、それともマストなのか、ご自身の胸に問いかけてみてください。

もう一度確認の意味も込めて。MacBook Proの購入は、ポイント増量期間であれば、迷う事なく私はAmazonでの購入がGoodチョイスだと思います。

では次の見出しにまいりましょうか。飽きてきてます?

気分転換も兼ねて、ここで少しShall we dace?
踊りながら進みましょうか、さぁ次の見出しに向かって駆け足。

そもそもApple StoreでAppleデバイスを買うメリットってあるの?

こちらも結論から言っちゃいますと、人にもよりますが特にiPadはApple Storeで買うメリットがありますね。

簡潔に言うならば、セルラーモデルを買う場合においては、格安SIMなどモバイルサービス(回線業者)の選択肢が多いほうが良いというジャイアンのような欲張り屋さんな方は、 SIMフリー版がもってこいなのだ。

ジャイアンもジャイ子も大喜びですよ。

そのSIMフリーのiPadを手にできる唯一の場所、そう、何者かにかじられたリンゴの印のApple Storeである。

これぞメリット。有益、これまさしく有益。

私からはiPadセルラーモデルでSIMフリー版を求めるなら、Apple Storeでの購入一択ですよという情報だけにフォーカスしてお伝えしました。

飽きてきました?また踊っちゃいます?それとも私、スベってます?
スベり倒しつつ前に進みましょう、いや、進んでいただけませんでしょうか。

MacBookの梱包具合

果たしてこの見出しに興味がある人が居るのだろうか。

見出しのワードチョイスもミスっているような。

そもそも後半戦よりどちらかという前半戦に掲載すべき見出しのような。

後々リライトで跡形もなく消されている未来が垣間見えますね。(ニッコリ)

 

というわけで、ドン。こんな感じで届きます。上の箱がMacBookです。すごいタバコ臭いです。

こんなタバコ臭い郵便物に初めて出逢いました。スメハラって感じぃ★まじ臭スギィ

 

 

かの有名な、かじられたリンゴです。

誰にかじられたんでしょう。Mr.スティーブでしょうか。Microsoftのビル・ゲイツ氏でしょうか。謎は深まるばかり、迷宮入りですね。

是非ともコナン君にあばいていただきたい。

 

玉手箱を開けるような気分でパカッと、あら素敵。シンプルこそ究極。

この持っているだけで仕事できる感。優越感、自己満足、鼻は天狗になり、こうやって、人というのは暗黒面に落ちていくわけですね。

先ほどから余談しか話してない気がしますが、気にせず行きますよ。

噂の薄さはいかほどか

これほどです。

 

文明の利器、技術の進歩は止まることがないのですね。私の指より薄い。

 

といった感じでこの見出しの尺は終了です。

これはもう見出しにしなくてよかった気がしますが、こんな状況でも猪突猛進する男。そう私です。どうもこんにちは。

ここまでくると、もう冒頭からスベっているのかどうなのかもわからない。

もう最後までノンストップで進んで盛大にコケに行きます。Let's ズッコケ。

Mac素人が本音で語る使用感

 

やはりズバリ直感的な操作が魅力。基本PC操作が得意ではないこの私が、感覚で操作できてしまうほど、直感的

素晴らしい。アンダーザシー素晴らしい。マーメイドも陸に上がってまで触りたくなるほどの素晴らしい操作感です。

特に私が衝撃を受けたのが、マルチタッチジェスチャである。

1本の指での操作、2本指での操作、4本指での操作、それを正確に認識し指の本数によって操作方法が切り替わるという。

後ろから鈍器のような物で殴られたような衝撃ですよ。もうちょっとした事件ですよ。通報物ですよ。ほんとスゴスギィ。マジ衝撃ぃ。

とまぁ、使用感はこんな感想になりました。最新技術に触れるのも良き刺激を味わえます。

まとめ

 

とりあえず、初投稿ということもあって張り切って書いちゃったので、相当スベり倒している内容に仕上がっていたかもしれませんが、少しでも参考になれれば、不幸中の幸い。嬉しい限りです。

まだMacBook Proが手元に届いて間もないこともあり、もう少し使い込んだら今回よりある程度詳しく、よりスベり倒しながら執筆したいと思います。

素人による余談多めの素人記事でしたので、SEOのSの字もないくらい、需要無かったかもしれないので、次回はユーモアとお役立ち情報のハーモニーを奏でます。

 

さて、リンゴも食べ終わったことだし、リンゴの芯を晒して終わります。

長らくご覧いただき、ありがたき幸せ。

AppleWatchは必要?それとも不要?10ヶ月使用して感じたメリット・デメリットとは

-Apple製品, MacBook Pro 2019

Copyright© ハナマログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.