生活スタイル

「ネギ」という「魔法」を伝授。料理の見栄えが向上、料理上手に見える「魔法」。

皆さん、はなまる魔法学校へようこそ。

今宵、強豪校であるホグワーツ魔法学校でも伝授されない「禁断の魔法」を伝授します。

部外秘でお願いします。

タイトルにも書いていますが、本日皆さんに伝授する魔法の名は、「ネギ」です。
重要なのでもう一度。魔法の名は「ネギ」です。

早速ですが、手順に沿って説明していきますね。

目次

  1. 準備するモノ
  2. 準備するコト
  3. いざ実践!!
  4. まとめ

1.準備するモノ

準備するのはこれだ!

 

はい、青ネギです。はい、ただの青ネギです。

補足ですが、この青ネギに魔力はありません。そう、This is ただの青ネギ。

おすすめポイントは、すでに刻まれている青ネギであることですかね。

理由は簡単。楽だからです。

そして何より時間短縮。魔法習得までの時間を数分早めます。

「私は時間をお金で買うタイプなんだよねー」って方は、刻まれた青ネギを買いましょう。

あと、今回は魔法をかける対象として、「納豆、煮込んだ鶏肉、まぜそば、豆腐」を準備しました。

皆さんも良かったらご準備ください。

基本的に魔法をかける対象に縛りはありません。

2.準備するコト

青ネギに触れる前に準備するコトがあります。準備前に青ネギに触れてはいけません。

それでは早速準備しましょう。

まず利き腕の指先に全神経を集中させ、感情をコントロールします。

ゆっくりと深呼吸しながら、顔の中心に指先を移動させ、寄り目になる位置で止めます。

なぜか眠気がやってきませんか。

これが魔力が高まっている合図なのです。

2分間この寄り目と眠気に耐えられれば、魔力の充電は完了になります。

寄り目が戻らなくなったところで、次の手順に移りますね。

ようやく青ネギに触れることができます。

ファーストタッチは優しくしましょう。

青ネギも生き物です。嫌われてしまうと魔力が効きづらくなります。



ですので、ファーストタッチは慎重に

青ネギは根に持つタイプです。


さて、触れる前に先ほど魔力を高めた指のうち、お好みの3本をお選びください。



おすすめはスタンドダードな親指、人差し指、中指ですね。



こんなチョイスも。


ただ、青ネギのご機嫌を損ねる可能性があるので、自己責任でお願いします。

では、お選びいただきましたら、青ネギを優しくつまみます。

ポイントは「青ネギさん、つつまませてください」と心で唱えながら、つまむこと。



青ネギは心を読みます。清楚で純粋な心を前面に出していきましょう。

 

さて、つまめましたでしょうか。

これで魔法をかける事前準備は整いました

3.いざ実践!!

青ネギ、ちゃんとつまんでますか。大丈夫ですか。落としたりしていないですか。

ちょっとした粗相が青ネギのご機嫌を損ね、予期せぬ事態になることも懸念されます。

ご留意くださいね。

さて、それでは早速実践です。



前方に魔法をかける対象を発見。あれは・・・・。

 

納豆です。

魔法をかける対象の座標を確認しましょう。ズレることなく一発で決めましょう。

今3本指でつまんでいる青ネギに全神経を今一度、指先に集中させ、「今だ!!」という瞬間で放ちます。



するとどうでしょう。



見事ずれる事なく魔法がかかりました。

料理の見栄えが格段に上がったように思えませんか。



これこそが「ネギ」という名の魔法の効果です。

ただ、なんということでしょう。

混ぜる時に場外ホームランしてしまいました。

これは青ネギとの良好な関係性にヒビが入る恐れありです。



初心を忘れてはいけませんね。引き続き青ネギのご機嫌をとりながら、話を進めます。

指先に魔力が充電されているうちに、見栄えが良くなるビフォーアフターをどんどんご紹介していきますよ。

続いて魔法をかける対象は、煮込んだ鶏肉です。



ご覧ください、このツヤを。女神のような美しさ。すでに美味しそうです。

ただ、「ネギ」という魔法をかけることで、より華やかな女神のような姿に。



「今だ!!」



より食欲をそそる印象になったのではないでしょうか。

どんどんいきます。



続いて、まぜそばの入場です。なんと殺風景なことでしょう。

「ここは火星か?」と思わせるような印象ですが、「ネギ」をかければ変わるんです。 



「今だ!!」



それはまるで荒れ果てた大地に咲いた一輪の花のよう。生命を感じますね。

さて、最後を飾るのはシンプルの最高峰こと豆腐です。



もう魔法をかけるのにも慣れてきたのではないでしょうか。
最後もスムーズに魔法をかけましょう。

「今だ!!」



見事に命中です。



青ネギとの関係性も良好ですね。アハハ。

ん?あれ?



青ネギさん?え?え?

もしかして、納豆混ぜる時にこぼしたアレですか。
覚えてらっしゃったんですね。

本当に申し訳ござ

いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ


4.まとめ

青ネギを雑に扱うとどうなるかご覧いただけましたか。

今回はダンブルドアも知らない魔法。

料理の見栄えを良くする魔法こと「ネギ」をご紹介しました。 

by青ネギ

-生活スタイル

Copyright© ハナマログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.