生活スタイル

作業に没頭する「集中力を高める1つの方法」とは。実体験に基づき解説。

今日も雑記日和ですねぇ。雑記していきましょう。Let's 雑記.

本日はタイトル通り「集中力を高める1つの方法」について、持論を展開しつつ、実体験に基づいて解説します。

早い人なら3分後には作業に没頭できていることでしょう。

まず結論から

さて、今すぐに集中すべき作業を抱えている人も居るかもしれないので、早速結論から叫びます。

集中力を高める1つの方法」とは、「作業環境を整備すること」です。

今ご覧になっている人は、訳あって内的要因だけでは集中力が高められない状況にあると推測します。

ゆえに必要となる解決策は外的要因によるヤル気スイッチONなのです。

「作業環境を整備する」と言っても、方法はいたってシンプルで非常に簡単です。

用意するモノは以下の3つ。数分で準備できます。

  1. 暗くした部屋
  2. 暖色系の照明
  3. Hot Tea

どのご家庭でも揃っているのではないでしょうか。
暖色系の照明でなくても問題ないので、いざ実践です。

 

結果から先に掲載します。このような作業環境になりましたでしょうか。

集中力が高まるのも時間の問題ですよ(ニッコリ)

集中力が高まる理由も先にお伝えしますね。箇条書きによる3つの理由

  1. 周囲が暗いことで余計なモノが視界に入らず遮断できる
  2. 照明が当たる箇所に視線が誘導されるため、暗い部屋との相乗効果
  3. なんか仕事できる感が漂い、雰囲気で結構頑張れちゃう(単純)

ひとまず上記の通り、結論を簡潔にまとめました。参考になれば幸いです。

下記では上記のことについて、もう少し掘り下げてまいります

目次

  1. 明るい環境と暗い環境との比較
  2. 照明って素敵。暖色系って素敵。
  3. Hot Teaはエンターテイナー!?
  4. 総まとめ

1.明るい環境と暗い環境との比較

まずは写真でご覧くださいませ。


明るい作業環境


暗い作業環境

いかがでしょう。好みで結構分かれるかと思います。

上記で記述したように私がオススメする作業環境は、暗い空間に燈る照明のお部屋ですね。

物は試しで一度お試しいただくと、意外や意外、作業が捗る可能性大です。
ある種、ゾーンに入ったような感覚と言えるでしょう。

私の場合ですが、明るい部屋に戻すと、あら不思議。ヤル気が皆無。怠惰の魔物に退化します。
こんなにも人って環境に左右されるものなんでしょうか。驚きを隠せません。

ちなみに執筆している今も、写真のような暗い部屋に照明を燈してカチャカチャしています。
非常にオススメです。

2.照明って素敵。暖色系って素敵。

落ち着きますし、心が洗われます。自然と精神統一されている感じです。

照明の光を浴びながらの執筆は、捗りすぎて止まらないです。
非常停止ボタンを押さない限り止まれませんって感じですよ。

特に暖色系の照明は一押しです。白色系等とは雰囲気が全く違いますね。

個人的に白色系の照明だと眼球への負荷があり、眼精疲労による無意識のストレスに晒されているように感じます。
一方で、暖色系は眼球への負荷が白色系ほど感じられず、ストレスに晒されることなく作業に没頭できている実感があります。

個人差もあるかと思いますが、実体験に基づき、作業環境には暖色系の照明をオススメします。

3.Hot Teaはエンターテイナー!?

 

まずはこの尋常じゃない湯気をご覧いただきましょう。照明を浴びながら天井へと立ち昇る湯気。

この湯気こそ、落ち着きのある作業環境を演出するうえで、必要不可欠な名脇役なのです。

と書きながらHot Teaをすするわけですよ。なんと優雅なことでしょう。まるで貴族。

貴族の仲間入りをしたような気分で、盛大にヤケドしたのは秘密ですよ★

話が逸れましたが、Hot Teaは暗い空間+照明を組み合わせることで、絶妙な空間を演出します。
まさしくエンターテイナー。私はそんなHot Teaに魅了されています。

4.総まとめ

「暗い空間+暖色系の照明+Hot Tea」の最強トリオ。

普段集中力を発揮させるのに苦慮されている方には、是非オススメしたいお手軽術になります。

タイトルや冒頭で「集中力を高める1つの方法」と記載しており、「結局3つじゃないか!」と感じた方もいるかと思います。これには訳があるんです。

何を隠そう最強トリオは三位一体。3つ揃って初めて本領発揮するんです。

よかったらお試しくださいませ。きっと作業に没頭できることでしょう。

 

さて、先ほどヤケドした部分がヒリヒリしてきたところで、筆を置きます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

イタタタタ。

限られた時間の中で、時間を気にせず作業に100%集中したい方にはApple Watchをおすすめします。

 ↓ ↓ ↓

AppleWatchは必要?それとも不要?10ヶ月使用して感じたメリット・デメリットとは

-生活スタイル

Copyright© ハナマログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.